レストランモナリザ 恵比寿本店
(MONNALISA)

  • 次々にメニューが変わり、常に進化し続けるフレンチレストラン
124_ext_27_0.jpg
124_ext_27_1.jpg
124_ext_27_2.jpg
124_ext_27_3.jpg
124_ext_27_4.jpg
124_ext_27_5.jpg
124_ext_27_6.jpg
  • 124_ext_09_0.jpg
  • 124_ext_09_1.jpg
  • 124_ext_09_2.jpg
  • 124_ext_09_3.jpg
  • 124_ext_09_4.jpg
  • 124_ext_09_5.jpg
  • 124_ext_09_6.jpg
ジョエル・ロブションの愛弟子だった河野透氏が、「タイユバン・ロブション」の初代シェフを経て開いた店。「お客さまが進化しているのだから、料理も進化しなければならない」というポリシーのもと、伝統に安住することなく、シーズンごとに約20種類もの新しい料理を発表し続ける。出身地の宮崎をはじめ、日本各地の和の食材を取り入れることにも積極的で、ハモをムニエルにしたり、チョウザメをカザイフで巻いて揚げたり、梅干しをケーキに用いるなど、意外な素材を極上のフレンチに仕立ててしまう技はさすがの一言。いつ訪れても新しい味が楽しめる「モナリザ」にあって、特性のパイ生地で包み焼きあげられた「仔羊の岩塩包みロースト 自家製ハーブの香り」はオープン以来唯一の定番料理。本場仕込みの贅沢な旨味は一度で虜になる味わいだ。ちなみに、料理に華を添える美しい絵皿の数々は、河野氏自らがデザインしたもの。料理と皿の絶妙なコンビネーションを楽しむのもいいだろう。
124_ext_06_0.jpg

オーナーシェフ

河野 透さん

Toru Kawano

1957年、宮崎県生まれ。82年渡仏し、パリ「ギー・サボワ」「ジャマン」「ジョルジュ・ブラン」、スイス「ジラルデ」など屈指の名店でキャリアを積む。フランス料理のカリスマ、ジョエル・ロブションから薫陶を受けたことでも知られている。90年に帰国後、広尾「レストランひらまつ」のシェフを経て、93年オープンの恵比寿「タイユバン・ロブション」の初代日本人シェフを務め、97年「レストランモナリザ 恵比寿本店」を独立開業。2002年、同丸の内店をオープン。
料店名 (フリガナ) レストランモナリザ 恵比寿本店
(MONNALISA)
料理ジャンル フレンチ
所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-14-4
路線 JR山手線 恵比寿駅 西口徒歩3分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口徒歩2分
ホームページ http://www.monnalisa.co.jp
お問い合わせ 電話:03-5458-1887  メールアドレス:ebisu@monnalisa.co.jp
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ:11:30~14:00LO  ディナー:17:30~21:00LO  
定休日 なし
オープン年月日 1997/01/14/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC/オリコ
予算昼(お料理のみ) ~5000円
予算夜(お料理のみ) ~10000円
サービス料/総席数 10% / 60席
シチュエーション レストランウェディング/デート/パーティ/接待・会食/記念日/女性同士のランチ
設備 禁煙/駅から徒歩3分以内/ミシュラン星獲得
サービス 貸切OK/ワインにこだわり/ソムリエに相談できる/ランチ営業あり
キーワード 河野透
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る