暗闇坂 宮下 神楽
(くらやみざか みやした かぐら)

  • 伝統とサプライズが両立する、新感覚の懐石料理
  • NEW OPEN
151_ext_27_0.jpg
151_ext_27_1.jpg
151_ext_27_2.jpg
151_ext_27_3.jpg
151_ext_27_4.jpg
151_ext_27_6.jpg
151_ext_27_7.jpg
151_ext_27_8.jpg
151_ext_27_9.jpg
  • 151_ext_09_0.jpg
  • 151_ext_09_1.jpg
  • 151_ext_09_2.jpg
  • 151_ext_09_3.jpg
  • 151_ext_09_4.jpg
  • 151_ext_09_6.jpg
  • 151_ext_09_7.jpg
  • 151_ext_09_8.jpg
  • 151_ext_09_9.jpg
 麻布、青山で人気の日本料理「暗闇坂 宮下」の新店だ。江戸情緒が残る神楽坂にふさわしく、店内は白木を基調にした温かい雰囲気が漂う。カウンター前では、左官職人吉村誠氏の手による「呼吸する土」をイメージした、モダンな白漆喰の土壁がゲストを迎えてくれる。さらに、お座敷の壁や器には新進気鋭の書家、中塚翠涛氏の作品が描かれるなど、注目のアーチストとのコラボレーションも見どころだ。
 料理は江戸時代の歌舞伎のように、基本を抑えつつ型にとらわれない、遊び心のあるものを目指す。「"お造里"には、醤油のかわりに梅+醤油ジュレやクルミのジュレをのせたり、イチボ炙りにはオリジナルの麹塩やワサビ塩、ゆず塩を添えるなど、新しい食べ方の提案もしています」と語るのは、料理長の斎藤道明氏。10種類もの美味や珍味が少しづつ味わえる前菜や、ノドグロやフグなど季節ごとに内容が変わる炊き込みご飯も楽しみのひとつ。神楽坂で行きたい名店がまたひとつ増えた。
151_ext_06_0.jpg

料理長

斎藤道明さん

Michiaki Saito

1977年、宮城県生まれ。92年宮城県のいけす料理「馳走亭」入社。退社後、99年東京「懐石花村」副料理長に就任。2005年(有)CFコーポレーション入社、赤坂店にて料理長、神楽坂店にて副総料理長兼料理技術指導担当。08年(株)セリュックス入社。「暗闇坂 宮下 青山店」料理長を経て、11年9月「暗闇坂 宮下 神楽」料理長に就任。
料店名 (フリガナ) 暗闇坂 宮下 神楽
(くらやみざか みやした かぐら)
料理ジャンル 和食
所在地 東京都新宿区神楽坂3-2-31 大宗第三ビル1F
路線 東京メトロ有楽町線 飯田橋駅 B3出口 徒歩5分
都営大江戸線 牛込神楽坂駅 A3出口 徒歩5分
JR中央本線 飯田橋駅 西口 徒歩5分
ホームページ http://www.ds-miyashita.jp/kagura.html
お問い合わせ 電話:03-6228-1984
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ:12:00~14:00 (L.O.)
ディナー:18:00~21:30 (L.O.)
定休日 日曜日・祝日
オープン年月日 2011/09/05/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC
予算昼(お料理のみ) ~3000円
予算夜(お料理のみ) ~20000円
サービス料/総席数 10% / 27席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/接待・会食/記念日/女性同士のランチ
設備 分煙/個室あり/カウンターあり
サービス ワインにこだわり/ランチ営業あり
キーワード 懐石料理、堀コタツのお座敷
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る