ローブリュー
(LAUBURU)

  • バスクの地方色豊かな豚肉料理を楽しむビストロ
156_ext_27_0.jpg
156_ext_27_1.jpg
156_ext_27_2.jpg
156_ext_27_3.jpg
156_ext_27_4.jpg
156_ext_27_5.jpg
156_ext_27_6.jpg
156_ext_27_7.jpg
156_ext_27_8.jpg
  • 156_ext_09_0.jpg
  • 156_ext_09_1.jpg
  • 156_ext_09_2.jpg
  • 156_ext_09_3.jpg
  • 156_ext_09_4.jpg
  • 156_ext_09_5.jpg
  • 156_ext_09_6.jpg
  • 156_ext_09_7.jpg
  • 156_ext_09_8.jpg
 青山・骨董通りの路地裏で、静かな存在感とともに佇むビストロ「ローブリュー」。オーナーシェフの櫻井信一郎氏は、5年間のフランス滞在中に「いちばん肌が合った」と言うバスク地方の料理と気候、人柄に魅せられ、この店を開いた。ここではヨーロッパの食生活に欠かせない豚肉料理をメインに、現地のシャルキュトリー(ハム・ソーセージ専門店)で学んだ手作りの生ハムやソーセージ、バスクの伝統料理などがいただける。
 「田舎風パテやテリーヌ、カスレなど、豚肉料理は常時10種類ほど。おすすめはバスク名物、キントア豚や山形の米の娘豚、米沢豚を使った骨付きロースの炭火焼きです」と語る櫻井氏。生ハムと野菜のスープ「ガルビュール」や、ピーマン、トマト煮に塩漬けバラ肉を添えた「ピペラード」など、フランス人が通いつめる家庭の味も楽しめる。「ありふれたものでも、時間と手間をかけてきちんと作りたい」という言葉に、料理にかける信念と情熱が垣間見える。
156_ext_06_0.jpg

オーナーシェフ

櫻井信一郎さん

Shinichiro Sakurai

1961年、東京都生まれ。幼少の頃より料理人を目指し、87年~92年にフランスに滞在。レストランのみならず、現地のシャルキュトリー(ハム・ソーセージ専門店)での修業経験をもつ。帰国後、代官山「パッション」、銀座「レザンドール」、原宿「オーバカナル」を経て、2002年「ローブリュー」オープン。2011年度版ミシュランガイドにて1ツ星を獲得
料店名 (フリガナ) ローブリュー
(LAUBURU)
料理ジャンル フレンチ
所在地 東京都港区南青山6-8-18
路線 東京メトロ銀座線 表参道駅 B1またはB3出口 徒歩10分
ホームページ http://www.lauburu.jp/
お問い合わせ 電話:03-3498-1314
営業時間(ランチ・ディナー) 18:00~21:30(LO)
定休日 日曜、8月中旬および年末年始。
オープン年月日 2002/03/06/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC/オリコ
予算昼(お料理のみ)
予算夜(お料理のみ) ~8000円
サービス料/総席数 10% / 24席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/接待・会食/記念日/お子様OK
設備 分煙/ミシュラン星獲得
サービス 車いすOK/ワインにこだわり/ソムリエに相談できる
キーワード バスク地方料理、豚肉料理、手作り生ハム&ソーセージ、シャルキュトリー
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る