赤坂璃宮 銀座店
(アカサカリキュウ ギンザテン)

  • 日本の優れた食材を駆使した香港風広東料理
170_ext_27_0.jpg
170_ext_27_1.jpg
170_ext_27_2.jpg
170_ext_27_3.jpg
170_ext_27_4.jpg
170_ext_27_5.jpg
170_ext_27_6.jpg
  • 170_ext_09_0.jpg
  • 170_ext_09_1.jpg
  • 170_ext_09_2.jpg
  • 170_ext_09_3.jpg
  • 170_ext_09_4.jpg
  • 170_ext_09_5.jpg
  • 170_ext_09_6.jpg
 中国料理のなかでも薄味でヘルシー、食材の持ち味を最大限に引き出す広東料理は、日本でとりわけ人気が高い。その第一人者として知られる譚 彦彬氏が腕をふるう「赤坂璃宮」の銀座店がこちら。山口の黒アワビや福島の伊達鶏など、譚氏自ら生産地に赴き選び抜いた日本の食材を使用し、洗練された香港風広東料理を、限りなく本場に近いスタイルで提供している。看板メニューは、なんといっても専用の釜でつるし焼くチャーシューや合鴨の焼き物。「皮付き豚バラ肉のクリスピー焼き」は、皮のパリパリ感とシンプルな塩味が大好評の焼き物だ。肉料理だけでなく海鮮料理が豊富なことでも知られ、フカヒレ、アワビ、ハタ、活車エビを使ったメニューの多様さは他の追随を許さない。「本格的な広東名菜を堪能したい」。そう思ったら、銀座の交詢ビル5階を訪れてはいかがだろうか。
170_ext_06_0.jpg

オーナーシェフ

譚 彦彬さん

Hikoaki Tan

1943年、神奈川県(横浜中華街)生まれ。新橋「中国飯店」、芝「留園」、京王プラザホテル「南園」副料理長、ホテルエドモンド「廣州」料理長を経て、96年「赤坂璃宮」を独立開業。2004年「赤坂璃宮 銀座店」オープン。合鴨の釜焼きや石垣島産ハタの姿蒸しなど、ほかではなかなか味わえないスペシャリテは多くのファンをもつ。日本各地の優れた食材使いに定評あり。
料店名 (フリガナ) 赤坂璃宮 銀座店
(アカサカリキュウ ギンザテン)
料理ジャンル 中華
所在地 東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル5F
路線 東京メトロ 銀座線・日比谷線 銀座駅A2出口 徒歩3分
ホームページ http://www.rikyu.jp
お問い合わせ 電話:03-3569-2882  メール:toiawase@rikyu.jp
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ(平日) 11:00~15:30(L.O.15:00)
ランチ(土日祝)11:30~16:00(L.O.16:00)
ディナー(平日) 17:30~22:30(L.O.22:00)
ディナー(土日祝) 16:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 年末年始
オープン年月日 2004/10/01/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC/オリコ
予算昼(お料理のみ) ~5000円
予算夜(お料理のみ) ~20000円
サービス料/総席数 10% / 110席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/接待・会食/記念日/お子様OK/女性同士のランチ
設備 禁煙/個室あり/駅から徒歩3分以内/駐車場あり
サービス 車いすOK/貸切OK/ランチ営業あり
キーワード 限りなく本場に近い広東料理
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る