銀座 オルビエート
(ORVIETO)

  • 鮮度の高い素材使いに定評。銀座のカジュアルイタリアン
171_ext_27_0.jpg
171_ext_27_1.jpg
171_ext_27_2.jpg
171_ext_27_3.jpg
171_ext_27_4.jpg
171_ext_27_5.jpg
171_ext_27_6.jpg
171_ext_27_7.jpg
171_ext_27_8.jpg
171_ext_27_9.jpg
  • 171_ext_09_0.jpg
  • 171_ext_09_1.jpg
  • 171_ext_09_2.jpg
  • 171_ext_09_3.jpg
  • 171_ext_09_4.jpg
  • 171_ext_09_5.jpg
  • 171_ext_09_6.jpg
  • 171_ext_09_7.jpg
  • 171_ext_09_8.jpg
  • 171_ext_09_9.jpg
無数の熱帯魚が泳ぐアクアリウムを配した、1フロア88席の広々としたラウンジのようなイタリアンダイニング。銀座4丁目の交差点からほど近い一等地のビルにありながら、ディナーコース3800円からと、リーズナブルに食事が楽しめる。三崎産の朝採り野菜や三崎港で水揚げされた新鮮な魚介を使い、ライトに仕上げる料理が特徴的。炭火焼の肉料理も人気の的だ。注目すべきは、最近始めた「食べるスープランチ」。香ばしく焼き上げた若鶏とニョッキのかぼちゃクリームスープ、15種類の野菜の入った生姜のスープ、自家製サルシッチャとたっぷり野菜のポトフ仕立て、軽くスモークしたもち豚とチェリートマトのミネストローネなど、7種類もの具だくさんスープから選ぶことができ、サラダと焼きたてパンはお代わり自由で980円というのだから、女性客が殺到しているというのもうなずける。ホテルのフレンチ出身のシェフが手がけるイタリアンは、ライトでありながらも、実は随所にひと手間かかっており、味に深みがあると評判だ。
171_ext_06_0.jpg

シェフ

上村政博さん

Masahiro Kamimura

1975年、新潟県生まれ。95年、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルに入社し、バンケットとフレンチを担当。2002年オペレーションファクトリーに入社し、代官山「アフリカ」のシェフに。07年「銀座 オルビエート」オープンとともにシェフに就任。 11年秋より、山田チカラさんとコラボしたケータリングサービスを始める。12年1月、原宿にオープン予定のエスニックレストランの監修も手がけている。
料店名 (フリガナ) 銀座 オルビエート
(ORVIETO)
料理ジャンル イタリアン
所在地 東京都中央区銀座5-7-18 ヒューリックワールドタウンビル3F
路線 東京メトロ 銀座線 銀座駅 A3出口徒歩1分
ホームページ http://www.opefac.com/orvieto/index.htm
お問い合わせ 電話:03-6218-0233

メール:orvieto@opefac.com

ご予約はこちら
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ(平日) 11:00~15:000(L.O.14:30)
ランチ(土日祝)11:30~15:30(L.O.15:00)
ディナー(平日) 18:00~23:00(L.O.22:00)
ディナー(土日祝) 17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 年2回のビル休館日(2月と8月の第一月曜日)
オープン年月日 2007/10/02/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス
予算昼(お料理のみ) ~2000円
予算夜(お料理のみ) ~5000円
サービス料/総席数 7% / 88席
シチュエーション レストランウェディング/結婚式二次会/デート/パーティ/接待・会食/記念日/お子様OK/女性同士のランチ
設備 喫煙可/個室あり/駅から徒歩3分以内
サービス 貸切OK/ランチ営業あり
キーワード 神奈川県三浦半島三崎より直送の朝採り野菜と店内に入ると目の前に6メートルの熱帯魚が彩るアクアリウム
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る