フレンチレストラン モノリス
(MONOLITH)

  • コースの流れを重視した、ネオ・クラシックなフランス料理
208_ext_27_0.jpg
208_ext_27_1.jpg
208_ext_27_2.jpg
208_ext_27_3.jpg
208_ext_27_4.jpg
208_ext_27_5.jpg
208_ext_27_6.jpg
208_ext_27_7.jpg
208_ext_27_8.jpg
208_ext_27_9.jpg
208_ext_27_10.jpg
208_ext_27_11.jpg
  • 208_ext_09_0.jpg
  • 208_ext_09_1.jpg
  • 208_ext_09_2.jpg
  • 208_ext_09_3.jpg
  • 208_ext_09_4.jpg
  • 208_ext_09_5.jpg
  • 208_ext_09_6.jpg
  • 208_ext_09_7.jpg
  • 208_ext_09_8.jpg
  • 208_ext_09_9.jpg
  • 208_ext_09_10.jpg
  • 208_ext_09_11.jpg
 「流行のスタイルを追うのではなく、ここではクラシックに新しい手法を加えた"ネオ・クラシック” をコンセプトにしています」と語るのは、オーナーシェフの石井剛氏。
 昼、夜ともにコースのみで、石川県の完全無農薬の加賀伝統野菜や、北海道や山口県直送の珍しい魚介などを使った料理はどれも魅力的だ。「ムニュ モノリス」は、その旬でしか味わえない食材を使った月替わりのコース。毎回楽しみにしている常連も多いとか。「心がけるのはコースの流れと素材の存在感を壊さないこと。料理に酸味を多用してコースに変化をつけたり、バターを控えて胃に負担をかけない工夫もしています」と石井氏。「焼きアナゴのフランとフォアグラのポワレ」は、口の中でとろける食感とバターを使わないマデラ酒のさらっとしたソースが人気の逸品。スペシャリテの「豚フィレ肉とシャラン鴨とフォアグラ、3種のパイ包み トリュフソース」もぜひ試したい。
208_ext_06_0.jpg

オーナーシェフ

石井剛さん

Go Ishii

1973年、東京生まれ。辻調フランス校卒業後、青山「アテスエ」にて修業。98年渡仏。ブルゴーニュ「ジョルジュ・ブラン」、ロワール「ジャンバルデ」、「ベルナール・ロバン」などの星付きレストランで4年半修業。帰国後、「レストラン モナリザ 丸の内店」入店。2005年同店の料理長に就任。「ル・テタンジェコンクール・ジャポン」08年、09年において2年連続準優勝。10年3月、「モノリス」のオーナーシェフに就任。
料店名 (フリガナ) フレンチレストラン モノリス
(MONOLITH)
料理ジャンル フレンチ
所在地 東京都渋谷区渋谷2-6-1 平塚ビル1F
路線 JR山手線・埼京線 渋谷駅 宮益坂口 徒歩8分
東京メトロ銀座線 表参道駅 B2出口 徒歩8分
ホームページ http://www.le-monolith.com/
お問い合わせ 電話:03-6427-3580 ご予約はこちら
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ:11:30~14:00(L.O.) ディナー:17:30~21:00(L.O.)
定休日 月曜日
オープン年月日 2010/03/04/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン
予算昼(お料理のみ) ~5000円
予算夜(お料理のみ) ~10000円
サービス料/総席数 10% / 22席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/パーティ/接待・会食/記念日/女性同士のランチ
設備 禁煙
サービス 車いすOK/貸切OK/ワインにこだわり/ランチ営業あり
キーワード ネオ・クラシック、加賀伝統野菜、隠れ家フレンチ
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る