Ristorante MORITA DaBabbo
(リストランテ モリタ ダバッボ)

  • 食材そのものの力を生かし、毎日食べても飽きないイタリア料理を。
  • NEW OPEN
224_ext_27_0.jpg
224_ext_27_1.jpg
224_ext_27_2.jpg
224_ext_27_3.jpg
224_ext_27_4.jpg
224_ext_27_5.jpg
224_ext_27_6.jpg
  • 224_ext_09_0.jpg
  • 224_ext_09_1.jpg
  • 224_ext_09_2.jpg
  • 224_ext_09_3.jpg
  • 224_ext_09_4.jpg
  • 224_ext_09_5.jpg
  • 224_ext_09_6.jpg
  イタリア・ヴェネト州の小さな村にある「リストランテ・ドラーダ」で修業中に、自家菜園で野菜を育てたり、生きた羊を屠殺したりといった経験を積んだことで、食材にはもともと命があり、人間はその命をいただいていると思い知ったというオーナーシェフの森田晃次さん。だからこそ食材には余計な手を加えず、なるべくシンプルな調理法で、食材そのものが持っている力を引き出したいと語る。
  その象徴的なメニューが、店のスペシャリテともいえる「尾崎牛のロースト」だ。脂のさらりとしたしつこくない、それでいて旨味が凝縮した極上の宮崎産牛肉を焼き、シンプルなイチゴと赤ワインの自家製ソースで仕上げている。付け合わせには色とりどりの三浦産洋野菜をたっぷりあしらい、味わいはもちろん、見た目もボリュームも大満足と評判だ。
  「黒トリュフの手打ちタリオリーニ」など、パスタのおいしさに通い詰めるゲストも多い「オステリア ダ バッボ」。そのコンセプトは、毎日食べても飽きないイタリア料理とか。カウンター席もあり、オープンキッチンで豪快に料理するシェフの技を満喫することもできる、居心地のよさが魅力の一軒である。
224_ext_06_0.jpg

オーナーシェフ

森田晃次さん

Koji Morita

1969年埼玉県生まれ。フレンチの料理人として、成城「オーベルジュ・ド・スズキ」やホテルに勤めたのち、イタリアンに転身。2001年にイタリアへ渡り、フィレンツェで修業後、ヴェネト州のミシュラン2ツ星「リストランテ・ドラーダ」で2年間修業。最後にはシェフを務める。05年に帰国し、都内有名店で洋食部門の統括シェフを務めるなどしたのち、11年「オステリア ダ バッボ」を独立開業。
料店名 (フリガナ) Ristorante MORITA DaBabbo
(リストランテ モリタ ダバッボ)
料理ジャンル イタリアン
所在地 東京都渋谷区恵比寿南2-1-5 ES215ビル 6F
路線 恵比寿駅 西口 徒歩3分
ホームページ http://ristorante-morita.com/  
お問い合わせ 電話:050-5890-9383 
営業時間(ランチ・ディナー) 18:00~24:00(22時以降入店可)
定休日 水曜日
オープン年月日 2011/04/29/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン
予算昼(お料理のみ)
予算夜(お料理のみ) ~8000円
サービス料/総席数 なし / 20席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/パーティ/記念日/お子様OK/女性同士のランチ
設備 禁煙/カウンターあり
サービス 貸切OK
キーワード
備考 20席
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る