和の食と酒 IZAYA
(ワノショクトサケ イザヤ)

  • 全国の“造り手”にスポットを当て、各地の酒と郷土料理を期間限定で提供
284_ext_27_0.jpg
284_ext_27_1.jpg
284_ext_27_2.jpg
284_ext_27_3.jpg
284_ext_27_4.jpg
284_ext_27_5.jpg
284_ext_27_6.jpg
284_ext_27_7.jpg
284_ext_27_8.jpg
284_ext_27_9.jpg
  • 284_ext_09_0.jpg
  • 284_ext_09_1.jpg
  • 284_ext_09_2.jpg
  • 284_ext_09_3.jpg
  • 284_ext_09_4.jpg
  • 284_ext_09_5.jpg
  • 284_ext_09_6.jpg
  • 284_ext_09_7.jpg
  • 284_ext_09_8.jpg
  • 284_ext_09_9.jpg
  酒と酒蔵、食材と郷土料理――地域に根ざした食文化を期間限定で紹介する、コンセプチュアルな店。毎回、ひとつの都道府県をフィーチャーし、2~3カ月にわたって注目蔵の日本酒と郷土料理を提供する。
  「いいお酒を造っている蔵元さんをもっと広く知ってもらいたい、というところからスタートしました。いろいろと模索していったら、お酒が造られている地域の食と一緒に提供するスタイルに行き着いた。郷土の食材や料理をについて蔵元さんと一緒にリサーチして、メニューを決めています」と語る支配人の中島徹夫さんは、実際に何度も現地に足を運び、酒や食材の生産者と対話を繰り返しているという。さらに、選び抜いた酒や食材について、“造り手”の想いを伝える画像や文章、動画のコンテンツを作成。各テーブルに置かれたタブレットで見ることもできる。
  利き酒師でもある中島支配人は「お酒を、よりおいしく飲んでほしい」と、お酒の出し方にも工夫を凝らす。デキャンティングしたり、シャンパングラスに注いだり、ピペットでショットグラスに伝わせるように注ぐこともある。
  全国各地の食と酒の文化を、立体的に知り、味わい尽くしてほしい。
284_ext_06_0.jpg

料理長

栗林信弘さん

Nobuhiro Kuribayashi

1978年福岡県生まれ。大阪の南海サウスタワーホテル「花暦」、東京・東銀座「アリスin歌舞伎」に勤務。福岡「味創房 留吉」で料理長を務めたのち、2012年より「和の食と酒 IZAYA」料理長。「今は、郷土料理の由来や語源なども調べながらメニューを考えています。大変なことも多いですが、新たな出会いや発見を楽しんでいます」
料店名 (フリガナ) 和の食と酒 IZAYA
(ワノショクトサケ イザヤ)
料理ジャンル 和食
所在地 東京都目黒区東山1-17-3 銀河総研ビル1F
路線 東急東横線 中目黒駅 徒歩7分
東京メトロ日比谷線 中目黒駅 徒歩7分
東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩10分
ホームページ hhttp://izaya.jp
お問い合わせ 電話:03-6303-3743、    メール:nakameizaya@yahoo.co.jp
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ 12:00~14:30(L.O.) ディナー 18:00~22:00(L.O.)
定休日 日曜・祝日、土曜ランチ
オープン年月日 2012/03/13/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC/オリコ/その他
予算昼(お料理のみ) ~2000円
予算夜(お料理のみ) ~8000円
サービス料/総席数 5% / 38 席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/パーティ/接待・会食/記念日/お子様OK/女性同士のランチ
設備 分煙/個室あり/カウンターあり
サービス ワインにこだわり/ランチ営業あり
キーワード ”つくりて”とその地域、ご当地料理、郷土料理
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る