Le japon
(ル・ジャポン)

  • 和魂洋才の精神で、日本人が心身ともにおいしいと思えるフレンチを提案。
294_ext_27_0.jpg
294_ext_27_1.jpg
294_ext_27_2.jpg
294_ext_27_3.jpg
294_ext_27_4.jpg
294_ext_27_5.jpg
294_ext_27_6.jpg
294_ext_27_7.jpg
  • 294_ext_09_0.jpg
  • 294_ext_09_1.jpg
  • 294_ext_09_2.jpg
  • 294_ext_09_3.jpg
  • 294_ext_09_4.jpg
  • 294_ext_09_5.jpg
  • 294_ext_09_6.jpg
  • 294_ext_09_7.jpg
  店内は白木のカウンターが主体。吉野杉の一枚板で作られており、印象は清廉だ。器の多くは有田焼で箸も常時セッティング。オーナーシェフの中田耕一郎さんは笑う。「料理が少し変わっている分、染め付けの見慣れたお皿を使ったほうが、身構えずに召し上がれると思って」
  ベースとなる手法は王道のフレンチ。しかし、食材やアイデアなどで巧みに和の要素を盛り込む、気鋭の料理人だ。開業してまだ1年と日は浅いが、中田さんの作る料理には早くも常連が付き、「ここでしか食べられない」と熱望する味も。たとえば、和牛イチボのロティなどと提供する「チーズフォンデュ」はチーズの王さま、フルム・ダンベールなど、4種のチーズを贅沢に溶かし、そこに、炒めタマネギの甘さを活かしたコンソメを合わせて最後に葛粉でとろみをつけるソース。おいしいけど、すぐに食べ飽きてしまうチーズフォンデュを、日本人の味覚に合わせていかに軽く仕上げるか。その点に心を砕いているのだ。もちろんバターや生クリームの使用も極力、控えている。さらに日本独自の食材を使うことにも積極的だ。
  「日本人である僕を通して『おいしい』と思えるフレンチを出せばいい」。その信念に偽りはなく、フュージョンという言葉では語り尽くせない、“実のある”おいしさが中田さんの料理には宿っている。
294_ext_06_0.jpg

オーナーシェフ

中田耕一郎さん

Koichiro Nakada

1976年福島県生まれ。大学卒業後、調理師専門学校へ。箱根「オーベルジュー・ミラドー」で5年半、フレンチを学ぶ。その後、目黒「SHIMPEI」、虎ノ門「ELEMENTS」で料理長を務め、西麻布「料理屋 こだま」では和食も学ぶ。2011年に「ル・ジャポン」をオープン。出張料理教室を開催してきた経験から、現在でも同店で料理教室を開いている。
料店名 (フリガナ) Le japon
(ル・ジャポン)
料理ジャンル フレンチ
所在地 東京都目黒区青葉台2-10-11西郷山スペース1F
路線 東急東横線 代官山駅 正面口 徒歩10分
ホームページ http://le-japon.info
お問い合わせ 電話:03-5728-4880
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ   12:00~13:00(L.O.)
ディナー  18:00~22:00(L.O.)
定休日 不定休
オープン年月日 2011/09/01/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card
予算昼(お料理のみ) ~5000円
予算夜(お料理のみ) ~10000円
サービス料/総席数 なし / 14 席
シチュエーション デート/パーティ/接待・会食/記念日/女性同士のランチ
設備 禁煙/駅から徒歩3分以内/カウンターあり
サービス 貸切OK/ランチ営業あり
キーワード フレンチフュージョン、野菜にこだわり
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る