六雁
(ムツカリ)

  • コンテンポラリーな日本料理のあり方を、独自の感性を加味しつつ表現。
302_ext_27_0.jpg
302_ext_27_1.jpg
302_ext_27_2.jpg
302_ext_27_3.jpg
302_ext_27_4.jpg
302_ext_27_5.jpg
302_ext_27_6.jpg
302_ext_27_7.jpg
302_ext_27_8.jpg
  • 302_ext_09_0.jpg
  • 302_ext_09_1.jpg
  • 302_ext_09_2.jpg
  • 302_ext_09_3.jpg
  • 302_ext_09_4.jpg
  • 302_ext_09_5.jpg
  • 302_ext_09_6.jpg
  • 302_ext_09_7.jpg
  • 302_ext_09_8.jpg
  銀座の中心ともいえる立地でコンテンポラリーな日本料理のあり方を追求する人気店だ。まず驚くのは、ビルの6階とは思えないほど端正な店内。エレベーターを降りると敷石のアプローチがあり、導かれるように進めば開放的なオープンキッチンと、それを囲むように配置されたカウンターが目に飛び込んでくる。その様子はまるで舞台。着席すれば料理に勤しむ料理人たちが料理に込める“気”まで感じられるようで、その姿はステージを美しく舞う役者のようにさえ映る。総料理長の秋山能久さんは言う。「スーパー歌舞伎ならぬ、スーパー割烹です」
  料理人とゲストが食を通じてこの場で出会い、豊かな関係性を築いていく。秋山さんが理想としているのはそんな料理屋で、媒介となる美味を生むために、文字どおり、東奔西走。全国の生産地に自ら赴き、インスピレーションを得ている。自家菜園を千葉に持っているのも、「食材の生まれる場所だけが放つ空気」をつねに感じていたかったからで、地方に埋もれる郷土料理の発掘にも積極的。そうして得たアイデアを、スタッフとともに吟味しながら、「六雁」独自の和食に仕立て上げているのだ。
  「笑顔があって弾む会話がある。そんな空間にこそ、美味は宿る」。その美学はあらゆるところに息づいている。
302_ext_06_0.jpg

料理長

秋山能久さん

Yoshihisa Akiyama

1974年茨城県生まれ。学芸大学「割烹すずき」にて修業を始め、その後、表参道にあった「月心居」で精進料理の真髄に触れる。総料理長として“粋”な日本の食文化を追求、世界にアピールすることにも積極的で、昨年、スペイン・アリカンテで開催された「世界美食会議」に参加。今年は函館で行われた「世界料理学会」には、毎回参加している。
料店名 (フリガナ) 六雁
(ムツカリ)
料理ジャンル 和食
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-19銀座ポニーグループビル6F・7F
路線 東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線 銀座駅 B5番出口 徒歩1分
ホームページ http://www.mutsukari.com
お問い合わせ 電話:03-5568-6266 (予約受付10:00~17:00)
営業時間(ランチ・ディナー) ディナー 17:30~20:30(L.O.)
定休日 日曜日・祝日
オープン年月日 2004/06/01/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス
予算昼(お料理のみ)
予算夜(お料理のみ) ~15000円
サービス料/総席数 なし / 46 席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/接待・会食/記念日/お子様OK/女性同士のランチ
設備 禁煙/個室あり/駅から徒歩3分以内/カウンターあり
サービス 車いすOK/ワインにこだわり/ベジタリアンメニューあり
キーワード スーパー割烹、オープンキッチン、新江戸前スタイル
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る