蕎麦と酒 旭
(ソバトサケ アキラ)

  • 熟達の職人による本格手打ち蕎麦が味わえる、懐の深い蕎麦処
  • NEW OPEN
303_ext_27_0.jpg
303_ext_27_1.jpg
303_ext_27_2.jpg
303_ext_27_3.jpg
303_ext_27_4.jpg
303_ext_27_5.jpg
303_ext_27_6.jpg
303_ext_27_7.jpg
303_ext_27_8.jpg
  • 303_ext_09_0.jpg
  • 303_ext_09_1.jpg
  • 303_ext_09_2.jpg
  • 303_ext_09_3.jpg
  • 303_ext_09_4.jpg
  • 303_ext_09_5.jpg
  • 303_ext_09_6.jpg
  • 303_ext_09_7.jpg
  • 303_ext_09_8.jpg
  2012年3月、西麻布の街にまたひとつ、使い勝手のいい和食の火が灯った。外苑西通沿いオープンした「蕎麦と酒 旭」。エントランスにある蕎麦打ち台からも察するように、ここでは蕎麦の名店で修業を重ねた職人による手打ち蕎麦と本格料理が堪能できる。
十割蕎麦の「純せいろ」に「二八せいろ」、太打ちの「田舎蕎麦」と品揃えは多彩で、季節限定の品もあり。かえしにもこだわり、カツオのみで仕上げる江戸前の本がえし、昆布、煮干し、シイタケなどを合わせた白がえしの2種類を用意。蕎麦に応じて使い分けるあたり、経験値の高さがうかがえる。その姿勢は料理にも反映。板わさや卵焼きなど、定番の蕎麦前だけでなく、旬の鮮魚を使った刺身や天ぷらなど正統派の品もあり。さらに、基本は踏まえつつ、ひねりを効かせたポテサラなど、食べ手のツボを突く一品をメニューに揃えるあたりも心憎い。
  そんな料理に呼応する酒にも抜かりはなく、定番に加え、全国各地の銘酒を厳選して用意している。
店内は和の情緒を感じさせる落ち着きある空間。ゆとりのあるテーブル席だけでなく、奥には枯山水を表現したいろりの個室もあり、多彩なニーズに応じてくれる。
  西麻布らしく営業は明け方5時まで。心強い存在だ。
303_ext_06_0.jpg

店主

石井伸さん

Noboru Ishii

高校卒業後、千葉「新富鮨」、東京丸の内「山ふじ」、赤坂「と村」での修業を経て、2002年に目白台に「すし処 はやし」を開店。その後、ロンドンに渡り鮨店の立ち上げ指導後、帰国。2009年5月に「西麻布いしい」を開店。2012年に「蕎麦と酒 旭」をオープンする。
料店名 (フリガナ) 蕎麦と酒 旭
(ソバトサケ アキラ)
料理ジャンル 和食
所在地 東京都港区西麻布3-13-14 LA・RES西麻布1F
路線 東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩15分
東京メトロ日比谷線 乃木坂駅 徒歩10分
ホームページ
お問い合わせ 電話:03-3497-5299
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ  11:30~15:00(L.O.)
ディナー 17:30~26:00(L.O.)
定休日 不定休(月2回)
オープン年月日 2012/03/27/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS
予算昼(お料理のみ) ~1000円
予算夜(お料理のみ) ~8000円
サービス料/総席数 10%(夜のみ) / 34 席
シチュエーション デート/一人でも気軽に/お子様OK/女性同士のランチ
設備 禁煙/個室あり/ミシュラン星獲得/カウンターあり
サービス 貸切OK/ランチ営業あり/ケータリングあり
キーワード 深夜、蕎麦
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る