京しずく
(キョウシズク)

  • 一遍のストーリーとして紡がれる、茶懐石を踏まえた京料理
304_ext_27_0.jpg
304_ext_27_1.jpg
304_ext_27_2.jpg
304_ext_27_3.jpg
304_ext_27_4.jpg
304_ext_27_5.jpg
304_ext_27_6.jpg
  • 304_ext_09_0.jpg
  • 304_ext_09_1.jpg
  • 304_ext_09_2.jpg
  • 304_ext_09_3.jpg
  • 304_ext_09_4.jpg
  • 304_ext_09_5.jpg
  • 304_ext_09_6.jpg
  恵比寿と目黒を結ぶ通り沿いから、路地を入る。犬矢来をしつらえた店先には、番傘に露地行灯。格子戸の先の店内は間口は狭いが奥行きのあり、赤いちょうのカウンターがととのう京町屋そのものといった佇まいだ。
「京都よりも京都らしく」との思いで、茶懐石と精進料理を踏まえたコース料理でもてなす「京しずく」店主・岡田敬一氏。胃袋に優しいお粥を皮切りに、自由度の高い構成で10品前後の料理が登場する。京野菜はもとより、かつお節や昆布、醤油、味噌など調味料に至るまで、京都から取り寄せたもの。皿の上のあしらいにも、京の情緒を随所に忍ばせる徹底ぶりだ。京都から取り寄せたサバでこしらえる「鯖寿司」も自慢だが、この店の真骨頂は、特別にあつらえた有田焼の土鍋で炊き上げる締めの白いごはん。茶懐石に習い、おかゆにはじまり、締めには炊き上がる前をまずひと口、炊き上がりを一文字で、さらに香ばしいおこげを供し、それぞれの味と香りの違いを楽しませる。米は2ヶ月ごとに銘柄を替え、匂いを嗅ぎながら混ぜる程度に米を研ぎ、冷蔵庫で冷やして締め、蒸らさずに炊くなど、経験を重ねて導き出した独自の手法を貫く。料理に合わせる日本酒の品揃えも秀逸。手練れの店主に身を委ねて、季節感ごと味わいたい。
304_ext_06_0.jpg

店主

岡田敬一さん

Keiichi Okada

1976年生まれ、茨城県出身。中学卒業後、京都「天㐂」で修業を重ね、2001年、赤坂や青山の日本料理店で働く。2006年、恵比寿「凹町」の料理長に就任。2009年、独立し、恵比寿「京しずく」を開業する。
料店名 (フリガナ) 京しずく
(キョウシズク)
料理ジャンル 和食
所在地 東京都目黒区三田1-12-25
路線 JR山手線 恵比寿駅 徒歩7分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩7分
ホームページ http://www.kyoushizuku.com/
お問い合わせ 電話:03-5721-8139
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ  11:30~13:30(L.O.)
ディナー 17:30~21:00(L.O.)
定休日 不定休
オープン年月日 2009/05/20/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS
予算昼(お料理のみ) ~2000円
予算夜(お料理のみ) ~20000円
サービス料/総席数 10% / 8 席(個室1室)
シチュエーション デート/接待・会食/女性同士のランチ
設備 禁煙/個室あり/カウンターあり
サービス 貸切OK/ランチ営業あり
キーワード 京料理、1日5組限定
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る