Napule 南青山本店
(ナプレ ミナミアオヤマホンテン)

  • ナポリピッツァブームを牽引。本場にこだわるピッツェリア・トラットリア
59_ext_27_0.jpg
59_ext_27_1.jpg
59_ext_27_2.jpg
59_ext_27_3.jpg
59_ext_27_4.jpg
59_ext_27_5.jpg
59_ext_27_6.jpg
59_ext_27_7.jpg
59_ext_27_8.jpg
59_ext_27_9.jpg
59_ext_27_10.jpg
  • 59_ext_09_0.jpg
  • 59_ext_09_1.jpg
  • 59_ext_09_2.jpg
  • 59_ext_09_3.jpg
  • 59_ext_09_4.jpg
  • 59_ext_09_5.jpg
  • 59_ext_09_6.jpg
  • 59_ext_09_7.jpg
  • 59_ext_09_8.jpg
  • 59_ext_09_9.jpg
  • 59_ext_09_10.jpg
ナポリから招聘した名工の手で、本場と違わぬピッツァ窯を設え1999年にピッツェリア・トラットリアとしてオープン。現在のナポリ・ピッツァブームを牽引してきた人気店だ。店のシンボルでもある1階のウィンドウ越しに見えるピッツァ窯は現在二代目。その窯で焼かれるピッツァ生地には、これまた本場イタリアのモリーノ サン フェリーチェ社のピッツァ専用粉が使われる。「舌触りがよく、なにより香りが違う」と語るのはピッツァのワールドカップで入賞経験を持つピッツァイオーロの太田賢二氏。フレッシュトマトで作るマルゲリータエクストラをはじめピッツァは、ナポリ伝統の味とオリジナル合わせて25種あまり。前菜やパスタも南イタリアの郷土料理が中心だ。アマルフィでよく見かける、レモン汁やピールが入った酸味がさわやかなタリアテッレ・アル・リモーネもそのひとつ。港町のトラットリアをイメージした店内にふさわしいひと皿である。
59_ext_06_0.jpg

左:総料理長

中林一晃さん

Kazuaki Nakabayashi

1978年、東京生まれ。調理師学校卒業後、東京・半蔵門の「エリオ・ロガンダ・イタリアーナ」へ。その後「ナプレ」に移って腕を磨き、6年目にして総料理長に就任。現在「ナプレ」全店の料理を統括する総料理長。

右:主任ピッツァイオーロ

太田賢二さん

Kenji Oota

1983年静岡県生まれ。調理師学校を卒業後、東京のイタリア料理店へ。中目黒「サルヴァトーレ」でナポリピッツァに出合う。その後、ナポリのピッツェリア「マリーノ」で修業。2010年より同店の主任ピッツァイオーロに。
料店名 (フリガナ) Napule 南青山本店
(ナプレ ミナミアオヤマホンテン)
料理ジャンル イタリアン
所在地 東京都港区南青山5-6-24 1~3F
路線 東京メトロ銀座線/千代田線/半蔵門線
表参道駅 B3出口徒歩1分
ホームページ http://www.bellavita.co.jp/napule/
お問い合わせ 電話:03-3797-3790
営業時間(ランチ・ディナー) ランチ:11:30~14:00LO (※土日祝 14:30LO)
ディナー:18:00~22:00LO
定休日 無休
オープン年月日 1999/09/09/00/00
使えるクレジットカード JCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC/オリコ
予算昼(お料理のみ) ~2000円
予算夜(お料理のみ) ~5000円
サービス料/総席数 なし 夜のみコペルト500円 / 88席
シチュエーション 結婚式二次会/デート/一人でも気軽に/パーティ/接待・会食/記念日/お子様OK/女性同士のランチ
設備 禁煙/一軒家・邸宅/駅から徒歩3分以内
サービス 貸切OK/ワインにこだわり/ベジタリアンメニューあり/ランチ営業あり/ケータリングあり
キーワード
備考
アクセス(MAP)

このページを印刷するこのページを印刷する

会員登録

メールマガジンの登録はこちらから
キャンペーン、イベント情報を先行配信。
メールマガジン会員限定のプレゼントも当たる、うれしい特典つき!
>>登録はこちら

携帯サイトのページ

外出先からもアクセス!
料理王国レストランガイドの情報を携帯からチェック

URLをメールで送る